宮城県フライングディスク協会

DSC_1104.JPG
以下宮城県フライングディスク協会
高月会長からの報告です。
螢ラブジュニア
吉田社長殿
いつもお世話になっています。
宮城県フライングディスク協会 高月です。
本日、たまたま奥松島へ足をのばしたところ、信じられない光景に出会いました。
なんと、ついにディスクゴルフのコースが復活する日が来たのです!!
2011年の東日本大震災の後、ディスクプレーヤーに募金を募っていただき、
2012年11月末にドッヂビーと共に寄贈頂いたものです。
2012年当時、震災前の自然の家の職員の方は異動され残っておらず、
仮設の自然の家で初顔合わせの職員の方に引き渡したのですが、
たまにイベント等で使われる以外は、ずっと倉庫に眠っていたゴール達でした。
今年度になり、自然の家が少し場所を変えてついに再稼働しました。
正式な土地の引き渡しが6月1日だったそうで、それに合わせてゴール設置を開始したそうです。
ゴールを手渡した時の職員の方も残っておらず、
またも初顔合わせの職員の方にこれまでの経緯を説明しました。
先方も、まさか設置したその日に、そんな事情を知っている人間が来るとは思わなかったようで、
とても驚いていました。
何と言う偶然、いや必然なのか…。
自然の家の再稼働が落ち着いたらゴール設置の相談に行こうと思っていた矢先、
何となく定期的に確認しに時折奥松島まで行っていた…。
今日もそんな普通の一日になるはずだったのですが、まさかゴールが置かれているとは…。
感動と興奮で、職員の皆さんの前でしゃべった時も何を話したやら…でした。
以前と異なり、自然の家の敷地が狭くなったこともあり、
常設コースとしてはショート7ホールですが、もうすぐ一般利用できると思います。
(※2ホールは、みちのく杜の湖畔公園で使用しております。)
ぜひ、また機会を見て宮城に遊びにいらしてください。
最後になりましたが、
震災以降、数々の御支援を頂き、本当に本当にありがとうございました。
あの日以来、今日ほど感動で身が震えた日はありません。
これこそが本当の意味での復興の始まりだと思います。
募金に御協力いただいた全国のディスクプレーヤーの皆さんにも、
社長の口を通じて御礼のメッセージをお願いしたく。
宜しくお願い致します。
宮城県フライングディスク協会 会長
高月 宏樹
 
この報告を聞いてとっても熱いものがこみ上げてきました。
6年前、東日本の震災で高月会長も被災され、大変な状況化の中でしたが、
被災地の小学校や施設を巡回し皆さんを元気づけていたことを思い出します。
われわれディスクプレーヤーも微力ですが、お手伝い出来たことに喜びを感じ、
今後も引き続き、亘理町のドッヂビー大会を含め
東北の応援は続けていきたいと思います。
クラブジュニア 吉田

コメント
一夜明けてもまだ興奮覚めやまぬ…です。
松島自然の家のディスクゴルフコースには強い思い入れがあったので、今回のことは本当に嬉しかったです。
そして、本当に御支援頂いた皆さんに感謝感謝であります。こういう想いを繋げていきたいものです。
本当にありがとうございました!
  • たかちゅき♪
  • 2017/06/05 10:39 PM
とんでもないです。
是非、ここでラウンドしましょう!(^^)!社長
  • 社長
  • 2017/06/06 9:11 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

recent comment

自己紹介

検索

フィード

携帯サイト

qrcode