USA大学オールスター!(^^)!

日本体育大学バーバリアンズ小川栞選手からの報告です!

 

小川選手は、USA大学ウイメンのオールスター選手に選ばれ、

7月後半から約3週間、アメリカ、カナダの各地域で、

USAの強豪クラブチームと対戦してきました。

 

今回の小川選手のチャレンジにクラブジュニアとして、

少しでも応援できればとサポートさせていただきました。

 

期待通り、小川選手はゲームでも活躍し今後のアルティメット人生に

大変刺激になった3週間だったようです。

これからの小川選手の活躍に期待ですね、頑張ってください!!(^^)!社長

 

20160818_184922.jpg

 

お土産にオールスターチームメンバーのサイン入りポスターとディスクをいただきました。

有難う!!(^^)!

 

20160819_091448.jpg

20160819_091427.jpg


がんばれニッポン!!(^^)!

本日、世界大会の為イギリスロンドンへ出発する
ウイメンの荷物ときぬえ&まどかを成田まで送り届ける

20160616_100625.jpg

おきぬさん、メダル宜しくです!

20160616_101117.jpg

ウイメン2連覇頼んだよ!

20160616_101833.jpg

そして、メンのバズメンバーに依頼されたGAIAグローブを届ける。
4年前のリベンジ宜しくです!(>_<)

20160616_101511.jpg
20160616_101635.jpg
20160616_101201.jpg
20160616_101706.jpg

先程、2時間遅れで成田を出発しました。

20160616_100636.jpg

がんばれニッポン!!(^^)!社長

WCC遠征レポート

最近横っとびの画像でメディアに出ているらいと君から遠征レポートが届きました。
8/14(水)に日本を出発。

8/15(木)
シアトルのダウンタウン近くの公園で軽く汗を流し、

いやあ。きれいな芝生ですね。

アウトレットへ向かいました!
アウトレットは日本とあまり変わらない感じだね。
8/16(金)
試合前日
ホテル近くのショッピングモールで昼食をたべて



試合会場を見に行き、夕方からサカイと練習試合をしました!


8/17(土)
今日から試合です。
試合前のリラックスした表情


リボルバー15-17
サカイ13-15
土曜日は残念ながら2敗でした!

明日も頑張って 

8/18(日)


ライノ15-9
ジョニーブラボー15-10
で勝ちました。今日は2勝です。
試合結果は2勝2敗で終わりました。



中継の背中にはクラブジュニアのロゴが・・・
うれしいです。

試合が終わって


お買いもの。セールだったようですね。いいものあった?

2日間の試合でしたが、なかなか内容の濃い試合だったのでしょう。
打ち上げの写真もいただいていましたが、楽しかったのか、ぶれていたので割愛。
お土産話待ってます。
お疲れさまでした。お帰りなさい。


US OPEN ノースカロライナその5

 ノースカロライナ4日目 〜大会2日目〜
 
いつもきぬえさんに頼りすぎてしまうのはいけないですよね
2日目は私から報告させていただきます
 
前日のスケジュールに引き続き、「Riot」、「Fury」、「Showdown」との3試合。
しかも3試合がすべて違うコート。

securedownload4.jpg

securedownload3.jpg

試合が終わると、一息つく間もなく、コート移動。
これだけでもかなりの体力を使いました
 
しかも、ノースカロライナは雨季のはずなのに、この日も晴れ
そして日差しがものすごく強い
 
天然芝はまだしも、人工芝のコートでは我慢できず、
生まれて初めて、スパイクに水をかけたぐらい暑かったです

securedownload5.jpg

その後のFury戦、悔しい敗退・・・。

次は大事なShowdown戦。
さてMUD大移動を始めようとしたその瞬間
Furyたちが私たちの近くへやってきていました。

日本人の感覚で言うと、負けた試合の後はそっとしておいてほしい、
というのが正直なところですが、日米友好のため、さて写真でも、
と立ち上がりました。
ところが、待っていたのは、「Mingoやろうぜ」というお誘い。
「Mingo?」元来お祭り好きな私たち。「Mingo」というみんなで
楽しめる簡単なゲームに時間も忘れ大はしゃぎ

「Mingo Mingo Mingo♪」とかれこれ10分近くやったでしょうか。

気づいたら「試合15分前だよ。」の声

聞き間違えか、そうであってほしいと心の底から願いましたが、
残念ながらキャプテンの言葉は合っていました・・・


securedownload6.jpg


こんなハプニングが楽しめるアメリカ遠征はやっぱりおもしろい
Showdown戦は負けてしまい、準決勝進出は98%ついえましたが、
(応援してくれた人ごめんなさい。)それでも明日の一戦に向けてがんばろうと思いました

そして、「Mingoの誘いには気をつけなきゃ」と思った2日目でした。
Mingoについて、知りたい人はMUDまで

securedownload.jpg

by あい

US OPEN ノースカロライナその4

オープニングセレモニー
 
独立記念日のこの日、ホテルの前でも仮設ステージがあり、
ホテルに戻ってきた時には既に大盛り上がりでした

IMG_3342.JPG
 
セレモニーの途中で、US OPENのオープニングセレモニーもやってしまうという、
なんだかあまり実感がわかない感じがしましたが…
実際にステージに上がってみるとディスクプレイヤー以外の方からも大歓声

IMG_3348.JPG
国ごとにステージへ上がりますが、
先にお話しした通り、日本人なんてめったに来ないローリーなので、
私たち何やら「大人気」でした

 IMG_3357.JPGIMG_3354.JPG


ステージに上がるやいなや、大歓声!!
他国よりも大きい歓声に一番人気!?かと思いきや…
そのあとに登場したUSAにはやっぱり負けました。
 
それでも、ステージに上がる前も…ステージを降りてからも…
「一緒に写真撮って!」とちょっとしたアイドル状態でした
 IMG_3359.JPG
 
大会のセレモニーは、ステージに上がって終わりですが、
街はまだまだまだまだお祭りモード
あっちこっちで花火が上がります
 
でも、日本の花火がやっぱり一番でした

実は、、、
大会前にFacebookでドリームカップに招待した、
ケン・ポーター選手と会う約束をしていましたが、、、

人。
人。。
人。。。

人で溢れかえるなか、会えませんでした
残念。。

by きぬえ

US OPEN ノースカロライナその3

 
ノースカロライナ3日目 〜大会初日〜
 
いよいよ、US OPENが始まります
 
 
なんとビックリですが、初日合流予定の弾丸メンバーとも、
無事ホテルで合流。

 
レンタカーを1台チームで借りてましたが、
この日は独立記念日の為、あちこちが閉鎖されて渋滞が予想されるので、
全員でシャトルバスで会場へ


 
大会側が用意してくれたシャトルバスは、大型でとても綺麗な観光バスでした
世界大会のバスと言えば…

 
バス停に長蛇の列
なかなか乗れない
時間通りに来ない

 
など、シャトルバスを使うことに不安がありましたが、
今回は何のストレスもありませんでした

 
ライブ配信を見てくださった方もいるようですが、
初戦は、メインコートでScandal

 
メインコートは人工芝で、仮設のスタンド、
そしてコートにはUSA ULTIMATEのペイントが3つもありました。
IMG_3281.JPG
IMG_3283.JPG

IMG_3284.JPG

IMG_3285.JPG

通訳をお願いしたジェラミー
こっそり隠し撮りしました。。

IMG_3286.JPG

IMG_3287.JPG
IMG_3291.JPG

IMG_3289.JPG

結果は、社長がブログで報告してくれましたので、、、
 
 
ここから怒涛のスケジュール
 
試合終了後、コート移動。。
それも、急遽コートの場所が変更になり、次の試合も人工芝。
この日は3試合全て人工芝でした。
 
次の試合は、コロンビアのRevolution
エントリー人数が28人、13歳〜34歳と平均年齢20歳のチーム。
昨年堺で開催されたWUGCのメンバーや、今回のワールドームズメンバーもいました。

IMG_3293.JPG

IMG_3297.JPG
コロンビアの選手が手作りしてくれた、ヘアゴムを付けてパシャリ
一緒にいるのが、アリスちゃんとカレンちゃん

IMG_3300.JPG
 
次の試合は、コート移動がなかったので1時間休憩。
日本では1試合あき当たり前ですが、今大会試合間で1時間もあったのは、
これが最後でした。

 
3試合目は、地元チームのPhoenix
エントリー人数が20人、20〜34歳の平均年齢26歳。
(コロンビアで平均年齢計算してみたら、いろんなチームのも気になってきた。。)

IMG_3339.JPG
 
この試合は、カメラをジェラミーに渡していたので、少し試合中の写真も。
 
IMG_3307.JPG

IMG_3325.JPG

IMG_3328.JPG

試合終了後、シャトルバスに乗ってホテルへ

時差と熱中症により…
生きているメンバーのみ、18時からのオープンニングセレモニーへ


by きぬえ

US OPEN ノースカロライナその2

 
ノースカロライナ2日目


時差調整の為、朝7時には起床

前日に調達した、食材で朝食を。

パン、マヨネーズ、ハム、チーズ、
レタスなどの入ったパック野菜でサンドイッチ
このほかに、トマト、チェリー、バナナ、ヨーグルト、マフィンなど。

近くの大学が休校だった為、グランド使いたい放題

9時に集合し、MUDらしく日本にいても
アメリカにいても元気にアップ開始

IMG_3276.JPG


ランニングとディスクを使って体を3時間ほど動かし、
体に溜まった毒素排出完了


 IMG_3277.JPG
ジョージさんのお母さん手作りクッキーも、ちゃっかり頂いてます


そういえば、、、
ノースカロライナは、雨季です

出発前に見た天気予報は、雨マークと雷マークしかありませんでした。
到着した日も、雨。。

ジョージさんいわく、大会期間は晴れそうだよとのこと。

この日も、少しパラパラと降りましたが、
降り続くことはなく、日差したっぷり

MUDが誇る(!?)「雨女キャプテン」も、アメリカでは「晴れ女」となるか

練習後は、洗濯組と大会会場チェック組に分かれ、
15時からホテルでオブザーバー講習会。

__.JPG
日本ではまだ導入されてませんが、
アメリカではオブザーバーが予選から入ります。

オブザーバーは予選では2名、セミファイナル以降は4名入ります。

今大会では、日本語の話せるオブザーバーが2名いて、
オブザーバーのいる試合を普段から経験していないMUDに、
事前に講習会をしたほうがいいと、
大会側が講習会をセッティングしてくれました。

今大会、オブザーバーのいる試合を毎試合行ってみて、
日本ではあまり厳しく規制されていませんが、
ディフェンスからのスローオフ時のオフサイド、
オフェンスは、ディフェンスがスローオフするまで
片足を必ずラインを踏んでいるなど、
当たり前のことですが凄く意識しました。

どちらも1回目はリスローになりますが、2度目はペナルティとなります。
帰国後すぐに社会人選手権でしたが、
日本でまだきちんと守れているチームはほとんどありません。

正直、MUDも今まではきちんと守れていなかったと思いますが、
今回の遠征で意識がすごく変り、今後も継続してきちんやっていこうと思います。

この他にも、ターンオーバー後オフェンス再開までの時間など
日本の試合にはないルールもあり、
事前講習会があって本当に良かったと思いました。


そして、講習会の後は受け付けとキャプテンミーティング。

IMG_3279.JPG
そのあとに、後発の先生部隊と通訳をお願いしたジェラミーと合流

いよいよ大会が始まります


by きぬえ


US OPEN ノースカロライナその1

 
帰国してから…
随分経ってしまいましたが…
US OPENに出場してきました

US OPEN
とは…

アメリカ5チームと、招待されたチームのみが参加できる特別な大会
ウィメンは、アメリカTOP4チームと地元チーム、カナダ、コロンビア…

そして…

我ら、NIPPON!

オープンは、デンマーク、コロンビア、カナダ。
ミックスは、カナダ。

そうです 私たち、MUDが一番遠くからやってきました

予選は総当たりのリーグ戦で、その結果ベスト4によりトーナメント。
大会期間は4日間(7/4〜7/7)。

詳細は、大会ホームページをご覧ください。

7/2(火)、MUD第一弾が成田を出発します
先発隊は、11人
それぞれ荷物の重さに敏感です。。

IMG_3256.JPG
US OPENのエントリーから宿泊及び航空券手配と、
今回は全て高橋ツアー

MUDのミキちゃんは、大会事務局とのやり取りはもちろん
旅行手配まで全てやってくれました
ミキ、ありがとー

チケット及びこの後の流れの確認です

IMG_3257.JPG
さて、チケットを発行して…
今回は、ワシントン経由でノースカロライナ

IMG_3261.JPG

荷物を預けて…
あれ

IMG_3259.JPG

先輩。。

IMG_3260.JPG 

まぁ、MUDではいつもの光景です(笑)

無事(!?)荷物を預け、検査もクリアし、、、まもなく搭乗です!
今回は、ANAさんでした

IMG_3262.JPG

 
ANAさん、最高でした
サービス、良し
ご飯、良し
CAさん、日本語
日本語の映画、たくさん

日付変更線を越え、、、

IMG_3264.JPG 

13時間後やっとワシントン到着

入国審査を受ける時、
ほぼ全員しつこいくらいに旅の目的を聞かれました。

ノースカロライナに日本人が観光でいくことなど、
ほとんどあり得ないようで、
「家族がいるのか?」「友達がいるのか?」など、
やたらと具体的に聞いてきました。。

後にわかりましたが…本当に観光で行くところではないです。。

指紋チェックなのに、何を勘違いしたのか
「手相」を見せて怒られたメンバーもいますが、、

なんとか無事審査クリアし、乗り継ぎまで5時間待ちぼうけ。。

とりあえず、こばらが空いたので…
早速、ジャンキーなものを食べてみました

IMG_3270.JPG
 IMG_3272.JPG

ワシントンから、ノースカロライナのローリーまでは約2時間
快適だったANAさんに比べ、激寒の機内に耐えると…

2013-07-03-03-59-41_deco.jpg
 2013-07-03-04-30-57_deco.jpg

やっと着きました
ノースカロライナ ローリー

IMG_3273.JPG
IMG_3275.JPG

空港に着くと、 「MUD」のお出迎えが
(写真撮り忘れました。。)

なんと、大会側はMUD専属ボランティアとして、
日本語の話せる方を手配してくれました。

出発直前に知ったことなので、
私たちもどこまで一緒に帯同してくれるかわからず…
そして、どのくらい日本語が話せる方が来てくれるのかわかりませんでしたが…

 
待っていてくれたのは、ジョージさんと娘のカレンちゃん、アリスちゃん
 
ペラペラでした(笑)

 
感動の初対面の写真も撮り忘れましたので、
ジョージさんファミリーの写真はまた後ほど。。

 
空港からは、レンタカー組、タクシー組、
ジョージさん号に分かれてホテルへ。
先にコロンビア代表が到着していましたが、
我らもチェックイン組と買い出し組に分かれて、
初日は終了!!

 
時間にして約2日分です!

 
明日は、近くの大学で午前中は軽く練習!
午後も、オブザーバー講習や受付、
キャプテン会議などなど盛りだくさん。
そして、教員の後発隊&ジェラミーも合流です


by  きぬえ


初お披露目!!

クラブジュニアのホームページも紹介してある通り、
今、アメリカのシアトルで2011ECCが行われています

日本からは、クラブジュニアスペシャルサポートチームの
文化シヤッターBuzzBulletsHUCKの3チームが参戦しています

この大会はSHOW GAMEを含め、
3日間で10試合をこなすハードスケジュールの大会です

試合間にトイレに行く時間もないことも。。。

相手は世界TOPレベルのチームが揃い、
どの試合も接戦ばかりの大会です


さて、実は今回、、、
文化シヤッターBuzzBulletsが、、、

ECCでユニフォーム初お披露目なんです

GAIA ULTIMATEの昇華ユニフォームです



ユニフォームには「CLUBjr.」のロゴもバッチリ

そんなBuzzBulletsのホームページがリニューアル
Buzz Noteには、現地での様子が毎日更新されています

是非、そちらもご注目ください

3チームとも、クラブジュニアでユニフォームを作成

現地は8/13の朝です
クラブジュニアのユニフォームを着て、暴れてきてください


by  きぬえ






松野選手<海外遠征レポート 総括 >


本場の大会だけあって、
横に30コート並ぶ広大な敷地にまずビックリ

毎朝、1試合目開始15分前くらいに国歌斉唱がされる

アップしているすべての選手が、
音楽が流れるとアップをやめて、みんな本部の方をみる。
賑やかな空間が一気に静まりかえる事にビックリ


敗者復活戦があることにもビックリ

最後まで何があるか分からないのはすごく面白い


1番のすごいと思った事はオブザーバーの存在である。

日本の皆さんはオブザーバーと聞くと、、、

タイムキーパーやスコア管理をイメージすると思うが、
北米では第三者の視点からプレーを判断する者(=審判)。

全てのゲームとまではいかなくても、毎試合どこかのゲームについている。

どうしてもプレー中は興奮しているのもあり、
プレーヤー同士が正しいジャッジが出来るとは限らない。

話し合いで決着が付かない場合に、登場するのがオブザーバーの存在である。
その決定は絶対である。

大会中ファールに対して、
「ファールではない」と判断してコールが覆る事もしばしばあった。

「Spirit of the game」の精神があってこそのアルティメットと思うが、
必要な存在と強く感じた。


まだまだ日本での導入には時間がかかると思います。


日本のアルティメットがプレーだけでなくすばらしいと思われるように、
プレーヤーの皆さんに今一度ルールに対して向き合ってもらい、
自分はしっかりとしたジャッジが出来るか考えてもらいたい。


◆最終結果(点数やチーム名に間違いがありましたので訂正します)

vs TruckStop        15-12 ○
vs ChainLightning   12-15 ×
vs Streetgang       15-10 ○
vs Revolver         12-15 ×
vs Southpaw         10-15 ×
vs Ring of Fire     12-15 ×
vs Johny Bravo       8-15 ×    
vs Madison Club     12-15 ×     2勝6敗  12位


<photo bym.matsuno>


北米と日本のアルティメットは、何が違うのかという焦点で大会に臨みました。

「日本が2年後に金メダルを獲るため」に、重要な事と考えたため。


大会を終えて色々考えるが3つの事が頭に浮かぶ。

・1対1
・メンタル
・戦術


本当に1対1を重視しているという感じが、すべてのゲームで伝わってきた。


もちろんチームの戦術の上、
各個人が得意なところでしっかり勝負するということ
(OF、DF、キャッチ、走る、投げるなど)

「絶対に得意な所では負けないという強い気持ち」自信が、
メンタルの強さにもつながっているのだと思う。


それがあるからか1つのミスくらいでは落ちない。

「Fuck me」と自分を奮い立たせているのか、
「次は勝つ」という風に次への切り替えはすばらしいものを感じた。


また、これらを可能にしているのが戦術の確立である。

各チーム必ず、コーチもしくはコーチ兼プレーヤーがいる。

しっかりと戦況を見つめ、的確な采配をして勝負所は逃さない。

逆に日本ではコーチが付いているのは数えるほどであり、
コーチ兼プレーヤーが主流。

それはチームの中心選手が行う事がほとんどなので、
どちらというとプレーヤー兼コーチといった方が正しいのかもしれない。


しかしながら戦術だけを見ると日本は、
【世界一】といっても過言でないくらい優れている。

日本人の性格なのか、細部まで事細かく決められて行われている。

プレーヤー兼コーチという所で、すばらしい戦術も的確な采配が出来なければ
宝の持ち腐れである。



これらの違いを踏まえて、

【2年後のナショナルで金メダルを獲るために】

一つ一つ向き合って変わっていかないといけないと思う。




<photo by matsuno>


最後に、、、、、

今回の北米遠征では、
プレーだけでなく色々な経験をする事が出来ました。

私一人では全く実現しなかったことであり、
たくさんの方々の力と支えがあってのことです。

また、今回クラブジュニアのブログをお借りして書く事になり、
少しでも日本の皆さんに何かが伝わればと思っています。

普段、無口な分あまりコメントをしない自分が、
こういう機会に巡り会えたことは自分としても成長するきっかけになりました。

書き慣れていない分、疑問に思われる事も合ったかと思います。

そこを見やすく、かわいらしくしてくれたきぬえのおかげがあり、
たくさんのアクセスをして頂いていると聞いていて、
嬉しい気持ちでいっぱいです。


ありがとうございます。


また、グランドで会いましょう。
いつでも声をかけてください。

                                    
                                    
            スペシャルサポート選手  松野政宏#10



<photo by m.matsuno>



| 1/2PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

recent comment

自己紹介

検索

フィード

携帯サイト

qrcode